どんなに備えをしても、どんなに心を砕いても、

思うにまかせないことがあるのだと改めて知らされた2011年。

それでも、“生きるっておもしろい”のだと、こわばりながらも僕は思う。

そのこわばりを解きながら、おきらくに笑いながら、

たまさか揺り戻しにおろおろしながら、遠くまで歩いてゆくのだ。

たのしい言葉、わきたつ言葉を、主な生業にしながら。

– 20120101 桑原永江